コワーキングスペースなら完全個室もある町田ココベース

  • インターネット爆速!フリードリンクも充実
  • ただいまオープン3カ月&来店1,000人突破記念キャンペーン中でお得がいっぱい!
  • 人の出入りの多いコワーキングスペースや
  • 自宅で仕事をしていたりすると集中できないことってありませんか?
  • 本当は集中して仕事をしたいと思うあなたに
  • 天井まで完全密封のワーキングスペース
  • 集中しやすい&開放的なコワーキングスペース
  • インターネット爆速!フリードリンクも充実
  • ただいまオープン3カ月&来店1,000人突破記念キャンペーン中でお得がいっぱい!
  • あなただけのビジネスベース ココベース
オープン2時間無料キャンペーン オープン2時間無料キャンペーン

コワーキングスペースを超えた快適さ、ココベースの特長

ラインお友達追加

ココベースにお任せください

集中して仕事をしたい人のための集中した仕事をするのが好きな会社が作ったワーキングスペース

集中して仕事をしたい人のための集中した仕事をするのが好きな会社が作ったワーキングスペース

タイムイズマネー、時は金なり。一日の中で時間はあっという間に過ぎていきます。仕事中のONの時もプライベートのOFFの時も大事な時間を無駄にしないようにするためには、ONの時の仕事に集中する必要があり、また仕事に集中できる環境が大事です。集中してリモートワークを行うといっても、カラオケボックスやカフェや自宅等では限界がある方も多いのではないでしょうか? CocoBaseでは、集中してリモートワークをやりたいけど中々そんな都合のいい環境が無いなぁという社内及び関係者の声から誕生いたしました! 自身の仕事の集中できる環境をご用意し、あなたのビジネスをサポートします。


内装にこだわりつつ、不必要なオプションを排除。リーズナブルな価格でご提供

内装にこだわりつつ、不必要なオプションを排除。リーズナブルな価格でご提

電話回線や応対費用、郵便物の転送など、会社登記に住所を使用できる権利等、そのようなサービスに軸足を置かないようにし、ただただシンプルにご自身の業務に集中していただける環境、つまり椅子(4種類あり)や机やネット回線の速度などにこだわり、仕事に専念できる環境をご用意しました。
また、必要な時に必要な内容のみのご契約をしていただくことにより、費用も適切な価格でご提供させていただいております。ですので、例えば集中したい時は完全個室、今日はそこまで集中する環境が要らないという日はコワーキングスペースでゆったり仕事するなんてことも可能です。


常駐のスタッフがお客様をサポート

常駐のスタッフがお客様をサポート

コワーキングスペースにスタッフがいなくて不安なんてこともありません。
ココベースは常時スタッフが常駐していますので、何かお困りごとがございましたら、すぐに対応させていただける環境をご用意しております。
スタッフ一同、仕事に集中したい方を全面的にサポートさせていただきます!


ココベース利用者様TPO別使用例

<電子部品製造会社勤務のお客様の感想>
最近はテレビ会議等の予定が無くてもとりあえずココベースに行ってオープンスペースで仕事をするのが習慣化してきました。オープンスペースが開放的だし様々なドリンクも飲み放題なので家よりはるかにはかどります。しかし、やはりここ一番の防音個室は頼りになります。機密を扱う資料作成やテレビ会議の際は、必ず防音個室で行うようにしています。ここより集中できる場所を私は知りません(笑)


<広告会社広報勤務のお客様の感想>
とにかく家以外でいつでも仕事ができる場所があるということに、例えようのない安心感を得ています。ココベースはごちゃごちゃしているコワーキングスペースとは一線を画するので、オープンスペースでもゆったりしていて十分に仕事に集中できます。
私の場合は、社内のリモート会議やクライアントとのテレビ打ち合わせは防音個室を使い、プレゼン資料など重要な資料作成のときは半個室を使うようにしています。完全個室では集中しすぎてしまうような私のタイプなら、TPOに応じて半個室と完全個室を使い分け、日々の仕事はオープンスペースで行うというのは正直アリだと思います。


<自営業(住宅販売)のお客様の感想>
30代から自営業をしており、元々長い時間働くというのは好きではないので、集中して仕事ができる環境を探しておりました。
コロナで家に大学生の子供達がいることが増えたので、中々日中の仕事に身が入らない日々を過ごしていましたが、ココベースの防音個室の存在を知って、試してみて一発で気に入りました!一回行くと大体3時間を目安に仕事をするので、3時間分を予約して防音個室を借りていますが、もしもう少しココベースに行って仕事をする頻度が増えそうであれば、オープンスペース利用代を時間割ではなく、定額に変更した方が安くつきそうなので切り替えようかなと思ったりしています。


<大学生(資格の勉強)のお客様の感想>
もっぱらオープンスペースを利用しています。週に3~4日くらいは来ています。他のコワーキングスペースも事前に何社か見て回りましたが、自分はビジネスをしているわけでもないし、どちらかというと和気あいあいとならない、室内がキレイなコワーキングスペースを探していたので、ニーズがマッチしたと思います。
カフェで800円くらいのドリンクを頼んでその場所で粘るくらいならば、大人しくオープンスペースの月額費用(9,800円)を払った方がお得だと思い、オープンスペースの月額契約にしました。利用してみてドリンクも飲み放題だし、いつまでいても嫌な顔一つされないので、絶対にこっちの方が自分にはお得だったと思っています。
あと選んでよかった理由の一つとして、いつも室内が綺麗です。トイレもいつも綺麗にしてあります。私的にはとても評価が高いです。


<学生(資格の勉強)のお客様の感想>
英会話のトレーニングのために、定期的に海外の方と話す機会を持っています。家だと周りを気にしたり、お隣さんを気にして話さなければならずとてもストレスを感じていましたが、ココベースさんの防音個室を紹介で知り居ても立っても居られなくなり試してみましたが、防音効果もバッチリな上に、なんと外の気配も感じないので、思いっきり英会話のトレーニングができます。天井まで壁がくっついて、完全防音の個室でこれくらいの金額で定期的に使用できるのであれば、私はとてもリーズナブルだと思います。

コワーキングスペースを選ぶのに大事なポイントとは?

コワーキングスペースを利用する前に、個人で利用するのか、法人として利用するのか、イベント会場として利用するのか、勉強場所として利用するのか、利用目的をはっきりさせておくことが大切です。利用する目的が明確になっていると、自分がコワーキングスペースに何を求めているのかが分かってきます。それを踏まえたうえで、以下に紹介する5つの基準を見ながらコワーキングスペースを探してみましょう。

①立地

立地

まずはどの程度や頻度でコワーキングスペースを使うかにもよりますが、立地はとても重要なポイントであると思います。自分の住んでいるところからの移動距離、交通の便、周辺の利便性、土地のステータスなどを見る必要があると思います。
「移動距離や交通の便」という基準では、最寄りの駅から・自分の家からの距離を考慮してみてください。最寄りの駅に近いのであれば、暑い季節でも冬の季節でも関係無くストレスを感じずにアクセスできます。仕事関連の顧客を招くにしても駅に近いことに越したことはないです。また、自分の家の近くのコワーキングスペースだとしたら、交通費を節約可能という良い点があります。
「周辺の利便性」という基準からも見ますと、コワーキングスペースの周りに、飲食店・リラクゼーション施設等のリフレッシュできるスポットやビジネス相手と食事できる場所があるのかどうかなども選択する際の目安となります。
「土地のステータス」という切り口もポイントです。法人登記や住所利用をするつもりなら、信頼度の高い地域にあるコワーキングスペースを選ぶというのもいいでしょう。

②プランと料金

概ねコワーキングスペースの料金体系は、「ドロップイン」と呼ばれる1日・時間単位で料金を払うシステムと、月ごとに定額の費用を払う「月額制」の料金システムの二つに分かれます。時おり立ち寄り利用するくらいならドロップイン、連日利用するのなら月額制の利用が望ましいです。しかし、お店によっては片側の利用形態を定めていないこともありますので、ホームページ等々で事前にリサーチしておきましょう。
ちなみに、コワーキングスペースを使いたい方の中には、土日や夜の間のみ使いたいという方もいらっしゃることと思います。そのようなニーズに応えるために、月額制のプランとして、ウィークエンドだけ使うことができるプランや平日夜のみのプランなどをラインナップしているコワーキングスペースも存在します。通常プランよりお得に使用できるため、サイドビジネスをしている方や仕事からの帰宅途中に学習したい方などにお勧めです。
しかしながら、コワーキングスペースによってはそもそもドロップインが無いこともあるでしょうし、プランの数が多くないことだってあります。1つに絞り込む時にはあなた自身の使う頻度や時間枠に合った料金システムやコースがあるか確かめることが重要です。

③設備

ビジネス関係の人と何度もミーティングしたい場合なら会議室が準備されているところがいいと思いますし、しばしばFAXを送ることが沢山ある場合には複合機のあるところがよいです。ビジネスに関連するきめ細やかな設備があるところでは業務や調べ物もはかどるはずです。従って、コワーキングスペースにどういった設備があるかといったことも1つに絞り込む時の物差しの1つになります。
お店によって器材は違いますので、ご自分の利用目的を考慮しながら、肝要なサービスが備わっているコワーキングスペースをチョイスしましょう。 


④営業時間

当たり前ですが、営業時間はコワーキングスペースによって違います。
一年中24時間365日通して運営しているお店もあれば、夜はクローズするところや週末及び祝日は運営していないところなど、運営企業によって多種多様な営業形態が存在します。又、24時間体制で営業でも真夜中の時間枠は運営者がいないという所もあるため、確認しておきましょう。
はっきり申し上げて営業時間が長ければ長いほど費用も上昇してしまいます。
ですので基本的にはご自分が使用する時間にフィットしたコワーキングスペースをセレクトしましょう。


⑤雰囲気・コンセプト

コワーキングスペースは異なるユーザーとの交流を目的としている運営会社もあるため、各店舗の理念によってはですが、いろいろな人が寄り集まってきます。
職種や年代を問わずバラエティーに富んだ人々が来るところもあれば、起業家やエンジニア、クリエイターなど何らかの属性に偏ったところもあるので「コワーキングスペースの空気感が自らの使用目的とフィットしているか?」内覧に行ったり、ドロップインで実際に一度使ってみることをオススメします。  
さらには、圧倒的に静かでよりよく専心できる環境を求めたい方は、コワーキングスペースだけでなく、月額の費用はアップしますがレンタルオフィスやシェアオフィス、サテライトオフィスも調査候補に入れるのが妥当でしょう。

⑥付加サービス

一般的にコワーキングスペースには、ユーザーの必要性に則して、バラエティーに富んだサービスが準備されています。
典型的なサービスには、次に示すようなものがあげられます。

●(会社の法人登記)
●自社に届く郵便物の受け取りと転送
●掛かってきた電話の代理応対及び転送
●来客の代理対応
●クライアントが指定する指定アドレスへのE-mail伝達
●DMや案内状の送付のお手伝い
●外国語対応
●データ入力のお手伝い
●コワーキングスペースの前や袖看板等の看板の設置
●設備の追加、持ち込み
●各種業務支援
●提携先の銀行の担当者、弁護士、司法書士、税理士、翻訳家などの専門家への支援要請

こういったアシスト体制は運営企業ごとに違ってきますが、中でも起業することがあるケースだと、法人登記がすることが難しいコワーキングスペースを選択してしまうと、後々の対応に時間が掛かってしまうので、登記可能かかどうかの調査は必要です。
これ以外のサービスについては、あなた自身にとっていずれのサービスが必須なのかを前もって精査して、過剰の料金が掛からないように心掛けましょう。

⑦作業スペースの大きさ

一般的なコワーキングスペースには、PC一台分と僅かなワークスペースしかないところがほとんどと思います。
自身の作業効率を考えて、資料などを広げたりして仕事をしたい人は、予め利用することができるスペースがどの程度なのか確認した方がいいと思います。コワーキングスペースで月額契約を前提に考えている人でも、一度候補のお店にドロップインで入ってみて、PCと資料を置いてみて広さを感じてみることをおすすめします。
もしそれで何店舗か回ってしっくりこない場合は、必要に応じてグレードを上げたり、他のレンタルオフィス、シェアオフィスを検討した方が良いでしょう。

⑧セキュリティ

その特性上コワーキングスペースは、他の利用者とワークスペースをシェアすることで対話機会を設けることが出来るのとは反対に、自身の知らない様々な人が利用するためセキュリティーには特に留意しなければいけません。
賃貸契約のオフィスやレンタルオフィスとは違い個別のワークスペースが無いため、バッグや貴重品といった物品の管理はもとより、PCを開けっ放しにすることがないようにしたり、共有ネットワークを状況により使用しないようにしたり、盗聴されるようなエリアで顧客に連絡をしないようにしたりなど、自己防御策を講じることが大事です。
コワーキングスペースによってはオプションでロッカーが用意されていたりしますので、重要なものだけど家に持って帰ったりするのはかさばるとか面倒な時はロッカーを契約して荷物を常に置いておけるようにされる方も多いと思いますが、そのような場合は、その店舗自体のセキュリティー、つまり入居しているビルのセキュリティーも見ておくことも大事です。
それでもセキュリティーレベルが心配な方は、コワーキングスペースの比較検討をストップして、賃貸オフィスやレンタルオフィスの利用を考慮するのがいいと思います。

⑨トイレ

些細なことかもしれませんが、コワーキングスペースを選んで自身が集中して仕事を行っていく環境を構築するためには、確実に日々何度か使うトイレは重要なポイントであると思います。
トイレが何個あるのか、常に清潔にしてあるのか、また女性であれば、トイレが男女別々になっているかいないかも重要なポイントになるかもしれません。
他には、建物が古いビルに入っているコワーキングスペースは、ワークスペースは改装してキレイになっているケースでも、トイレが古い形の和式のままであったりし、洋式であってもウォシュレットなどがついていない場合が存在します。
仕事に集中し、合間に行くトイレで気分が落ちないようにするためにも、トイレのチェックをきちんと行ないましょう。


⑩ご自身の直感

やはりご自身のニーズに100%合致したコワーキングスペースは中々見つけることは難しいことが多いと思います。あくまでコワーキングスペースは「コワーキングスペース」であり、より様々なニーズやウォンツに対応したいとしても、賃貸オフィスやレンタルオフィスでは無いので、コワーキングスペースである以上限界があることが多いからです。
しかし賃貸オフィスやレンタルオフィスに比べ限界や制限があるからこそ、料金設定や年間のランニングコストなどは、賃貸オフィスやレンタルオフィスに比べはるかにリーズナブルに使用することができるという恩恵があります。賃貸オフィスやレンタルオフィスなら最初に敷金・礼金のようなまとまった費用が大なり小なり高額で必要となりますが、コワーキングスペースやドロップインにおいてそのような費用はあっても少額であるし、ほぼ無いに等しい額であることが多いです。
そうなると最終的には、ご自身がその街に立ってみて、街を見てみて、家から移動してみて、コワーキングスペースの中に入ってみて、どのようなタイプや業種の人が多いのか、店内の雰囲気等、少し仕事をしてみたりしながら感じてみて、それで最終的に総合的に見て直感で決めるところが一番いい店舗、あなたにとって一番いい店舗である、そんな気がします。
もちろんその直感が間違っていても、賃貸オフィスほどの縛りの契約期間は無いと思いますから、その際はまた新たなコワーキングスペースを探せばいいだけのことです。


いかがでしたでしょうか?
以上のような点に留意しながら、あなたのライフワークにピッタリのコワーキングスペースが見つかればいいですね!

電話・メールお問い合わせ